2020-08-02

南アルプス移住3周年② 目的

うそかほんとか、このHPを見て南アルプス市に移住した、なんていう方もいるので、移住に興味がある方に向けて少し書いてみます。

移住を検討されている方と何回かお話したことがあるのですが、その時に思ったことがあります。それは「移住の目的を明確にした方が良い」です。都会生活に疲れて田舎でのんびりしたい、という気持ちは理解できますが、それって目的は何だろう?と思うのです。田舎でのんびりするといっても、何もすることがなければ1ヶ月で飽きます。豊かな自然も半年見てれば日常風景です。移住しなくても、旅行で十分なのではないでしょうか?

もうちょっと本気の人で、農業をしたい、となって農業体験学習に通う方がいます。しかし、それは田舎暮らしが目的なのか、農業が目的なのか、どっちでしょう。田舎暮らし=農業ではありません。田舎でも農業しなくてもいいし、都会でも市民農園があります。農業が主目的なら、作りたい作物の適地に行くべきで、それは景色の良いところに住む移住、とは違う可能性があります。

誤解がありそうなのは、農業で生活できるくらい儲かるのでは、と考えていることです。景色の良いところで、のんびり農業して生活できたらいいなぁというのは、無理ではないですが、難しいです。農業人口はこの30年で半減し、新規就農者は5年で1/3が離農しています。農業が儲かるなら、そんなことは起こらないはずです。

私達は移住をしましたが、目的は「オリーブを育てる」ことで、そのために①首都圏 ②オリーブ栽培適地 ③未経験でも農地を借りられる場所 という3つの条件で探して、結果的に南アルプス市になりました。もし世田谷区でオリーブ栽培ができるなら、やっていました。(引っ越さなくていいし)

もちろん目的なしで気軽に移住して、駄目ならまたどこかに行く、というのも今の時代ありだと思いますが、目的が明確な方が、行動計画が作りやすく、場所、仕事、環境などを選択する基準ができると思います。

南アルプス市がある甲府盆地。狭い盆地に人口が集中しているので移動は楽。しかし夏暑くて、冬寒い。とくに冬は辛い。夏の午後から夜間は東京より過ごしやすい。


おすすめオリーブ本

これならできる オリーブ栽培: 有機栽培・自家搾油・直売

新品価格
¥2,420から
(2020/7/11 10:39時点)

タグ:
関連記事