2019-06-05

農家の野焼き

廃棄物の野外焼却、いわゆる野焼きは『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』により、一部の例外を除き禁止されています。その一部が、農家の野焼きです。果樹農家であれば、剪定枝や、古木の伐採した太枝などを燃やす機会が多くあります。特に新規就農者の場合、耕作放棄地で始めることが多く、そこには古い太枝が山積みになっていることが多く、野焼きは必須の作業です。

キャンプの焚き火ならともかく、大量の木を燃やす経験は普通はあまりありません。危険性を十分に認識して準備します。

【準備】

  • 木はできるだけ乾燥状態にしておく。生木でも火力が強ければ燃えるが、量が多いと白い煙が出て目立つ。
  • 天気予報を確認。強風警報時は不可。注意報時はできれば避ける。乾燥注意報も同じく。
  • 燃やす木を積む際に、下に枯れ枝、枯れ葉を敷いて焚付にする。空気を入れる役割も果たす。木と木の間にも空間が出来るように積む。

野焼き積上

  • 所轄の消防署に電話し、野焼きの日時と場所を伝え、揚煙届けを出しておくと、火事と間違われ通報された時に騒ぎにならない。
  • 万が一に備え、水をローリータンクなどにいれて用意しておく。
  • 燃焼中の木を動かすための柄の長いアルミ製レーキなど。
  • できれば難燃性の服、溶接手袋、顔を覆うためのマスク等を着用。私はこれくらいやります。あと水分を多めに用意。

野焼き服装

【実施】

  • 燃焼時間を確保するため、朝早くから実施。朝のほうが風も少なく安全。
  • ダンボールと新聞紙を組み合わせ、周囲を囲むように4~6箇所ほど差し込み、全体から燃えるようにする。
  • 同時に着火。最初の火力は大事。ここで炎が燃え上がらないと太い木は燃え尽きない。

野焼き着火

  • 一時間ほどでこの状態。上手くいった。

野焼き1時間

  • 炎が落ち着いたところで(と言っても十分熱いので注意)レーキで端の方の炭を中央に寄せていく。また空気が入りやすいように移動させる。これをしないと、完全に灰にならずに炭で残ってしまう場合があり、完了まで時間がかかる。熱と戦いながらこまめに実施。
  • この量で朝6:30開始、午前中には、ほぼ灰になった。水分の残った切株などがあると、1日で終わらないこともある。

【おまけ】

  • 燃え尽きた灰は草木灰として、カリウム豊富で有機JAS基準でも使用可能な肥料になる。
  • 表面が灰になっても、下部に炭が2~4日は熱を持つので注意。アルミホイいるで芋を包んで3時間ほど灰の中に埋めておくと美味しく焼ける。

タグ:
関連記事