2018-03-17

4号植付け 再測量とヘアリーベッチ

再測量して植付けポイントに支柱をたてましたが、思いがけず完了に2日もかかりました。理由の一つは強風。メジャーが風で流れてイライラ。なんとか再度割付をしてみると20㎝ぐらい誤差が出てしまう。前回、植付け穴掘りの差異も同じくらい誤差がでていましたが、植付け穴は1m✕1mなので、植付けの割付の際に正確なら良いやと思っていたら、今回もおなじ誤差が出てしまう。オリーブの生育にはまったく問題ないのですが見た目に美しくないのでちょっと粘ってみる。

測量ロープを張り、地道に調整していくと、理由がわかった!

高低差のせいだ。正確には測れなかったが、高いところと低い所で30㎝以上の高低差がありました。目視でも高低差があるのは分かっていましたが、測量では気にしてませんでした。しかし、そこまで考慮して測量するのは手間が大きすぎるので、見た目上の調整だけ終了。

そして、菜々子さんが再登場で、緑肥ヘアリーベッチを播く。

今回の4号圃場は、前回の1号圃場が思ったよりもさもさ密集したので、条間20㎝、畝間50㎝と密度を低くして、そのかわりに縦横4列で播いていく。ということは…ざっくり80回畑を往復することに。延々とふかふかの耕運したての畑を歩くのはまるで、砂地でのトレーニングのようにジワジワ足腰が疲れる。日が暮れてギリギリ完了。約4.5kgのヘアリーベッチ種子を使用。ちょっと少なかったかな? 発芽を見て追加するかもしれません。

前回は、雪印種苗の「まめ助」を使用しましたが、その後、弱っていたのでより寒さに強いという「藤えもん」10kgを2月に購入していました。しかし3月に入るとすっかり元気に成長しているので、「まめ助」でも良かったと思いました。


タグ:
関連記事