2018-03-01

狼煙をあげる

桃の花が咲き、春の嵐が雨を降らせ、フクジュソウが咲いた。

だから、というわけでもないが、畑仕事を再開しました。去年伐採した枝木を燃やす。本当はバックホーで掘った畑の穴で切株と一緒に燃やすと早いのだが、来週の天気予報が雨模様。穴で燃やすのは大掛かりになって、雨や風があると撤収が面倒です。そのため保険として、ドラム缶で少量づつ燃やし始める。

パチパチ、モクモクとよく燃える。枝を小さく折ってドラム缶に放り込んでいくだけの簡単なお仕事、などと油断してたらバックドラフトの炎に、睫毛をチリチリに焼かれました。まじで火の用心。

12月末以降はのんびりしていて、畑仕事は枝木を集めるくらい。あとは確定申告や畑をかりる書類作成、苗や資材手配などデスクワークをしてましたが、いよいよ本格的に畑仕事を再開します。その狼煙となりました。オリーブ苗を約450本この2ヶ月で植え付けます。私にとっては、年間最大の力仕事。大変ですが、楽しみでもあります。冬の間になまった体のエンジンをかけていこう。


タグ:
関連記事