2017-10-23

台風一過と灰色枯葉

台風21号は明け方4時頃通過しましたが、その後も強風が収まらず、昼過ぎにようやく台風一過で富士山が見えました。初冠雪がうっすら見えます。

各地のオリーブ農家に被害が出ていて心が痛みます。皆さん、自然には勝てないと気分を切り替えて、やれることをやっているのが凄い。私もそういう境地になれるのでしょうか。なるしかないのか。

 

うちのオリーブたちは幼木のせいもあって木自体は無事でしたが、見回りをすると一昨日の朝は気が付かなかった、灰色の枯葉が新芽だけに発生。品種はまんべんなく約4割の木に発生。

枯れ葉といってもまだ水分を残した状態なので、おそらくこの2日間の間に発生している。虫もいないし、梢枯病の茶色でなく、肥料不足の黄色でもない。。。なんだこれは、と悩んで、小豆島の先生に聞いてみると、根がなんらかのダメージを受けているのでは、とのことでした。10日間雨が続いて、日光もなく、最後に台風で根っこまで揺らされたとしたら、オリーブにとって間違いなく良くないので、それが原因なら晴天が続けば復活するでしょう。もしネキリムシとか土中で虫が悪さしているならちょっとやっかい。オリーブ灰色葉枯症と名付けて調べてみることにします。

先日、順調に育っているとか言っておきながら、さっそく問題発生。やはりそんなに甘くない。


関連記事