2017-12-23

今年のオリーブ畑は一段落

3号圃場(元柿畑)は抜根の穴埋めまで完了している。

さっぱりして改めて気がついたのですが、周りの畑は桃の木が多い。4月になったら、桃の花の上に富士山が見えるという、インスタ映えになるはず。インスタしてないけど。そこにオリーブの木もあったらさらに最高、と妄想が進みます。

伐採した柿の木は薪が欲しい方が、ほとんど持っていってくれました。柿はとても重いのでとても助かる。今は畑の真ん中に切株や枝を燃やすための穴を開けて、周辺に積んであります。今年はここまで。乾燥させつつ、日が長くなる2月頃に燃やす予定。それまでは、のんびり石や枝をひろったり、燃えやすいように根の土を落としたりする仕事だけです。

1号の畑の見回りも、虫はいないし、雑草も伸びないので、寒さのダメージをチェックするだけで30分もあれば終わり。8月に移住してから、ずっとバタバタしてたけど、はじめて畑に関して、のんびりした時間。そのかわり、確定申告や有機JASの準備、来年の計画などデスクワークをする時間が増えます。

でも風のないポカポカとした日中、畑にいるのはとても気持がいいので、特に仕事はなくても畑に行ってしまう。

 


関連記事