2017-11-10

オリーブとモグラとネズミと卵

【むし注意】 むしじゃないけど

よく農地の獣害の話を聞きます。小豆島でもイノシシがオリーブの根本を荒らしてますが、私の畑は山から5kmほど離れているので、イノシシ、猿、シカの被害はいまのところ聞きません。(一回キツネを見ました) が、他の動物を見かけたので、最近の畑の訪問者を紹介します。

まずはモグラ

こんな感じでボコッと盛り上がったり、通路のように直線で盛り上がったり。最初の頃からいるなぁと思ってましたが、放置してました。しかし、この数日活動が激しく、オリーブの株元まで近づいてきたので、手カンナで穴を破壊したり、上から踏み潰したりと反撃開始。すると翌日には見事に復旧しているので、再度力をこめて踏み潰す戦いを繰り返すこと3日。今日の朝は復旧してませんでした。退散してくれてると良いのですが…オリーブの根自体をたべることはないようですが、根本を掘られてダメージを受けると困ります。

お次はネズミの幼体?

なんか赤ちゃんとは呼びたくない姿。なんだか分からないが、ググってみるとネズミっぽい。太木挿しの畝を作っていたら、ふっと3匹転がってきて、おもわず一人で叫んでしまいました。虫は色々みるけど、哺乳類は始めて。わずかに呼吸をしている形跡もあり、どうしたものかと悩んでそのまま放置、すると翌日は1匹だけになってました。連れて帰ったのかな。モグラのつくった穴に住み着くようです。家庭菜園のジャガイモの種イモを食べられている形跡があるので、害獣と言って良いのだと思いますが、哺乳類は虫とちがってまだ捕殺に抵抗感があるということがわかりました。ネズミもオリーブの被害は聞いたことないですが、ジャガイモはともかく、オリーブに手をだされたらやるしかないだろうなぁ。

最後はよく見るのですが、葉裏にどっさり虫の卵

勉強不足で困るのが、なんの卵か分からないこと。ハマキ?ヤトウムシ?もしクモやてんとう虫なら益虫なのでむしろ歓迎だが、それ以外は潰す必要がある。どうやらクモとてんとう虫ではないようなので明日すり潰すことにする。

そんな訪問者たちのご紹介でした。

 


タグ:
関連記事