2017-12-09

柿をこぐ

こぐ=甲州弁で「引き抜く」こと。

 

来年の畑は計3枚で合計4枚の畑を持つことになります。

1号  1.5反 今年9月の植付け

2号 2.5反 1号の北

3号  1反 1号の北西

4号    3反 1号から1km程北西の3角形。今年まで柿畑。

2号と3号は1号に隣接といってもいいくらい近く。4号はちょっと離れてますが、それでも車で2分。集約出来てとても助かります。で面積が広いので、植付けは春ですが開墾に着手しています。4号の柿の木を先日伐採。切り落とした太い枝を地元農家が薪用に回収していただけました。残っていると燃やす木が増えるだけなのでとてもありがたい。そして昨日から抜根を開始。といってもまた先輩農家に依頼してのバックホー作業で、私は根っこの切れ端を拾ってまとめるだけ。柿の木は上部の幹だけでなく、根っこも強靭。地元農家は「柿なんて、こぐもんじゃない」なんて言ってましたが、先輩のバックホーさばきは見事。次々とこいでいきます。写真はもともと伐採されていた古切株。今年伐採した木はまだ生きてるので、相当ねばりますが、それでも先輩の腕にかかるとこがれてきます。

こちらは抜根したあと。この土地は扇状地の特徴が強く出ていて、ちょっと掘ると石だらけ。

1号の畑はこんなに石はなかったので、かなり違う。野菜畑にするのだったら、がっかりする所ですが、水はけが大事なオリーブ畑にはむしろいいのでは、と思います。生育や実の味にも差が出るのではないかと逆に今から楽しみ。ワイン的に言うとテロワール。


タグ:
関連記事