2018-03-22

4号植付け ゆず多田錦

昨日は雨と雪のため自宅待機。今日も10時位まで降りましたが何とか止み、植付け再開しました。手始めは、オリーブではなく、多田錦という品種のゆず。なぜゆずか、というと以前無農薬ゆずの話を聞いて、自分でもやりたくなったのです。といってもオリーブ優先なので、まずは3本、試験的な挑戦ですが、有機JASもオリーブと同時に取りたいし、将来的にはオリーブオイルとまぜてフレーバーオイルを作りたいという目論見もあります。

岡山から購入の素掘り苗で、多田錦は実は小さいがタネが少なく加工しやすいのが特徴です。トゲがある説、ない説あって、HPの説明にはトゲが小さいと書いてありました。たしかに本柚子よりは小さいけれど、しっかりとトゲがありました。気をつけよう。

植付けはこんな感じで、説明書に書いてあった通りの斜め支柱です。オリーブでも斜め支柱を見かけますが、南アルプスは八ヶ岳おろしが強いので真っ直ぐにしています。柑橘系は根が深いから大丈夫なのか? 驚いたのが、地上部50㎝で幹を切ること。これも説明書通りで他の本にも書いてあります。でもオリーブではやらないので、ちょっともったいない感じ、ですが素直に20㎝弱切りました。柑橘は挿し木が難しいとも聞きましたが、もったいないので、切断した上部は挿し木にしてみました。

もちろんオリーブも植え付けして、本日はルッカ18本、アスコラーナ36本、ゆず3本。


関連記事