2017-10-01

オリーブの実 渋抜きのワイン漬け

植付けたマンザニロの苗の実。もうすこし残して、熟しても良いのだけれど取ってしまった。

オリーブの実は0~7の8段階の成熟度に分けられ、グリーン→赤→黒と熟していきます。写真だと左が4、右が5か6くらいでしょうか。

たった2粒ですが、南アルプスのオリーブ畑の初収穫でもあるので、食べること。でもオリーブは生のままでは美味しくありません。瓶詰めなどで市販されられている食品は、塩や苛性ソーダで渋抜きがしてあります。

私達のオリーブの先生の一人、山田オリーブ園さんでは色々な方法が紹介されています。私のおすすめはブランデー漬けですが、今回はワイン漬けにしてみました。種もとらずにナイフで傷だけつける手抜き方式。

このまま、1年近く待ちます。その頃にはオリーブも大きく育っていることを願いつつ。(写真は小さい瓶が手元になかったので、とりあえず。あとで移し替えます)

 

追記
ワイン以外のお酒でもできます。ウイスキー、日本酒、焼酎など。ただしワインも含め度数が低いと浸かってない部分にカビが発生する場合があります。心配な場合は落し蓋で抑えるか、ブランデーなど40度以上をおすすめします。ブランデー漬けはお菓子の材料にもいい感じ。


関連記事