2018-10-25

黒富士農場 見学

黒富士農場さんに見学に行ってきました。春のオリーブ植付けでこちらのBM活性堆肥という鶏糞と馬糞と茶殻を配合した堆肥を使い、追肥で発酵鶏糞を使っています。

有機JASで使用する堆肥や肥料は私の経験上、ホームセンターなどの店舗では買えません。成分としては適合しているかもしれませんが、資材証明書を出してくれないためです。なので、出してくれるメーカーは貴重で、流通に乘らないので取りにいける、配送してくれる範囲にある必要があります。最初に見つけた小林牧場さんの隣にある黒富士農場さんは、なんと有機JAS認証の「リアルオーガニック卵」を日本で初めて生産した農場です。予約しないと買えなくて、1個100円以上する高級品ですが、めちゃ美味しい(めったに食べられませんけど) 農産物以上に大変な畜産の有機JASなので、とてもすごい。これでも安いくらい。

向山社長に案内していただき、鶏舎の見学。関係ないですが、父が鶏の病気の研究者で、研究所でたくさん飼育してたことを思い出しました。

黒富士農場では80%が平飼い。外にでて砂浴びや草を食べたりできます。ストレスがすくなく人も恐れなくなるとのこと。あまり鳴きもせず静かな鶏舎でした。農場を流れる渓流の水を飲んでいる贅沢な子たち。

こちらは鶏糞を発行させるプラント。右側の白い山が完成品。匂いが全然しません。こちらの鶏糞とBM活性堆肥は直営店のたまご村で購入することができます。

HPに詳しく書いてありますが、有機JASを取るだけでなく、堆肥を敷料にして匂いを防ぐなど、自然に配慮した様々な工夫には頭が下がります。生産者としてのモチベーションが上がりました。


タグ:
関連記事