2018-01-12

オリーブ農家とスポーツジム

農家というのは肉体労働者ですが、どれくらいハードなのかは、作物と機械化によって大きく違う。野菜と果樹だと、野菜の方が大変だと思います。植付けから収穫までが短く、多品種をやることが多いのでサイクルが早くやることが多い。また地面に近い場所で中腰、しゃがみ状態が多い。研修で夏野菜のタネを植えた時は、しゃがみ状態で横移動しつつ3時間。かなり腰に来ました。果樹はどちらかと上を向いていること多いので腰より肩と首にくるけど、個人的には楽。

機械を使えるかも全然ちがいます。うちは植付け作業の殆どを機械でやってもらってますが、施肥は機械がなく、バラとよばれるトラックで運んでもらった堆肥を、ひと穴ひと穴運んで撒いて、を繰り返えすのが一番ハードです。次回からは3倍以上高いけれど袋入を購入して低減しようと思ってます。

そして今のところ、毎日体は動かしているけど、総合的にはあまりハードではない。四十肩も治ってきたので、ジム通いを復活しました。

筋トレ20分、エアロバイク40分、クロストレーナー20分、サウナ。プールがない以外はデスクワークしてた時と同じメニュー。農家になったら、わざわざジム行かないかなと思っていましたが、行った方がいいと思ってます。農家の体の動かし方は、ジムで負荷を掛けるのとは違い、できるだけ楽に長く続けられるようにする動かし方。心拍数が上がるようなことは基本しない。楽なやり方を考えて実行する。

なので、たまには有酸素運動したり、筋トレで最大負荷を掛けてメンテナンスするほうが良さそう。毎週か、隔週か、雨で畑に行けない日に行こう。


関連記事