2018-10-01

台風とオリーブ

台風21号と24号を振り返ってみます。

台風 21号 24号
オリーブ被害 支柱折れ 5本 支柱折れ 24本 うち幹折れ1本
最大瞬間風速 23.6m/s 30.2m/s
2日間雨量 79.5mm 99mm

※甲府気象台

21号は暴風域に入らなかった割には強い雨風となり、今回24号は暴風域に入ったため、21号以上の強さでした。

支柱折れとは、うちの場合、支柱の根本土との境目に風で負荷がかかり、折れることです。オリーブはまだ幼木で柔らかいので、写真のようにダランと寝ていますが、根にダメージがありそうです。1週間くらい経過観察します。

この支柱は1cmくらいで細いので、補強を進めていました。まだ全体の30%程度しか完了していないのですが、補強していても折れたのが8本ありました。支柱の組み方も今後の課題です。しっかりした太い木の杭を3本くらい使えばかなり強力ですが、コストが高い(1,200円✕600本=72万円)のと、固定しすぎるのも根の張りを弱くしてしまうのではないかと思い、適度な柔軟性をもつ竹で何とかしてみたいと思っています。

オリーブ栽培の地に山梨を選んだ理由の一つが、山に囲まれて台風被害の少ないことです。今回も強風はありましたが、南アルプスの山々が遮ってくれてました。うちはまだ実の収穫ができませんが、各地で収穫が始まったこの時期の被害は、想像するだけでも恐ろしいです。


関連記事