2018-10-19

大型特殊免許(農耕車限定)取得

先週の金曜日から6日間、山梨県立農業大学校に通い、大型特殊免許(農耕車限定)、要はトラクターの免許を取得しました。

大型特殊というのはクレーン車、ブルドーザー、ショベルカー、などワイルドな車両を公道で運転するための免許ですが、農業振興施策として、農耕車限定とすることで農業大学校を教習を受けることができます。費用も通常の大型特殊が10万円近くするところ、山梨では3千円(+申請費用)です。いまの畑では使う予定がないのですが、将来拡大した時にはバックホーを運ぶためにトラクター+リヤカーを使いたい。リヤカーはけん引免許が必要ですが、その前提としてトラクター免許を取っておきたい。

ちなみに、最高時速15km未満のトラクターは普通免許に付随する小型特殊で運転可能。ヤンマーのカタログをみると、ざっくり30馬力以上が大型に該当するらしい。なので、小型で済んでしまうかもしれないけれど、まだ時間に余裕のある今のうちに取っておくことにしました。

農業大学校内に教習コースがあり、毎日乗ります。ほぼ乗ったことがないので、最初は感覚をつかむのに苦労しました。本日最終日に山梨県警の試験官による試験を受け、無事に免許を取得。難しくはないのですが。うっかりミスをしないよう緊張しました。。免許更新もされて平成35年までのゴールド免許。平成35年ってもうないやろ。期限を忘れそうで、西暦表示にして欲しいものです。

農業学校の先生方、ありがとうございました!


関連記事