2018-06-26

オリーブ畑の野鳥 雀

2号と4号圃場にはたたみ2畳ほどの貯水槽があります。この辺は「月夜でも焼ける」と言われたくらいの、かんばつ地帯だったため、雨水をためておくために作られたものらしいが、今は徒歩圏に吸水塔があり、全く必要がない。深さが3m以上、計測できないくらい深く危険で、水も汚いのでなんとかしたいのだが、なんともできず今にいたる。

その貯水槽にスズメが落ちていた。

ケガでもしたのか、動かず、目だけキョロキョロしている。鍬で引き上げたが、まったく動かず、ただ震えている。

お昼を食べて戻ったらいなくなっていた。羽が乾いて飛べるようになったのか、ネコかトンビにやられたか… 子供のころ、何度か弱ったスズメを家に持ち帰って、世話をしたことを思い出した。なぜか絶対に餌を食べないので、そのまま死んでしまって、何度も庭に埋めた。

久しぶりに生き物の生死の境を見たけど、農家やって自然のなかで働いていれば、これからいっぱいあるんだろうな。


関連記事