2018-03-25

4号植付け 成木オリーブの移植

本日から山梨の苗の植付けです。朝から苗屋さんに受取にいきましたが、今回はおまけで成木4本をいただけるということで、まず2本持ち帰ることにしました。品種はおそらくネバディロ・ブランコ。成木の移植は初めてなので、本で調べての挑戦です。

さっくり葉の量が半分になるように枝を剪定。(剪定前の写真を取り忘れ、違いが分かりません…) 樹冠の一回り小さい円、半径30㎝のラインを引いてスコップを入れました。深さ1m掘ると本にはありましたが、無理!というかそんなに根が深くない。深さ30㎝くらいで持ち上げて、できるだけ土が落ちないように、麻袋をハサミで開いたものに包み込みます。しかし根回りの土は半分くらい落ちてしまいました。大丈夫だろうか。

根巻といえないくらい簡単に包んだだけですが、軽トラに乗せて15分移動するだけなので、今回はこれで良しとしました。

4号圃場に戻り、半径30㎝を、深さ30㎝程掘り起こして、土ごと植付け。水を掛けながら根の周りを土で埋めていきます。この工程は小さい苗より慎重にやりました。

水をたっぷり10リットルあげて、支柱をして完成。支柱は小さい苗用の7尺竹を3本使用。今後、太い竹に交換予定ですが、八ヶ岳おろしも収まり、風を受ける葉も少ないので、取り急ぎはこれでも持ちそうです。

成木というには幹は直径6㎝で小さいですが、樹高は2mあり、8年生くらいにはなっているらしい。畑には1.5m以下の小さい苗ばかりだったので、これくらいの高さがあるとちょっと嬉しい。富士山と並んでいい感じ。

本日は、ルッカ21本、ミッション2本、マンザニロ2本、ネバディロ・ブランコ成木2本。


タグ:
関連記事