2017-10-05

小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転特別教育

すっかり山梨は朝晩寒くなってきました。8月の灼熱が嘘のようです。夏暑くて冬寒い、って住むところとしてはどうなのか。

さて、長いタイトルですが、いわゆるユンボの研修にいってきました。いわゆるユンボといわれる油圧ショベルですが、ユンボは商品名なので、ホッチキスのようなものですね。そのほかバックホウ、ショベルカーなど色々名前がありますが、私の周りではバックホウ、バックホーと呼ぶことが多いようです。

で、この研修をうけると修了証がもらえます。これが何かというと免許ではなく、従業員にバックホウを操作させる時に必要な教育、なので、非従業員かつ私有地の畑でしか使わないであろう私には不要です。が、安全と操作の基本を学ぶために受けてきました。ちなみにコマツなどで受けると受講料2万円弱かかりますが、県立山梨農大で受けたので1,000円とお得です。日程と人数には制限がありますが、ありがたい。

一昨日学科で機械の仕組みや安全上の注意などを学び、本日は実技。

レバー操作が複雑で緊張しましたが、だんだん慣れてきました。重機をまもとに使うのは初めてですが、ガンダムを操作しているかのような楽しさがあります。オリーブの苗を植え付ける穴くらいは掘れそうな気がしますが、大きな切株の抜根や整地は難しそう。ちなみに山梨農大は八ヶ岳の麓できれいに見えてました。無事に修了証をいただいて研修修了。

今日はすごい寒いわけではないですが、冷えた感じがしたので、帰り道にお気に入りの韮崎の旭温泉に立ち寄りました。本格的な冬の寒さ対策が必要そうです。


関連記事