2018-05-31

田植えとサクランボ収穫の手伝い

昨日は先輩農家の田植えの手伝いをしました。田植え機で2反ほどの植付け。昔、栃木県の入郷石畑の棚田オーナー制度に参加して、手植えをしたことはあったけど、機械は初めて。

最初は稲のラインがグネグネと曲がってしまいましたが、2つ目のこの田圃は、初心者にしては上出来と褒められました。農作業においては美しさが効率を生むことが多いので大事です。とは言いつ、他の農家の目を気にして、恥ずかしい状態にはできない、という見栄の意識もあるらしく面白い。草刈りもそうなんだろうと思います。

そして本日は、最盛期に入ったサクランボ農家の収穫の手伝い。

初めてですが、サイズや脚立の使い方はオリーブに似ている。つまみ食いしていいとのことだったので、おそらく人生初のサクランボ狩り。高級品なのでちょっと得した気分ですが、すぐに飽きました(そんなにサクランボ好きではない) ハウス栽培のサクランボなので、雨でも作業できるのが良いです。

オリーブ栽培の最優先は変えませんが、新規就農者として経験値が増えるようなことは、ちょっとずつ試してみるつもりです。


関連記事