2018-02-10

ワインを楽しむ山梨 ぶどうの丘とくらむぼん

夫婦そろってお酒好きのためワインも飲んでいましたが、値段だけ見て買うようなレベルでした。しかし先日のぶどう農家で買ったワインがとても美味しく、もっとワインが知りたくなりました。ちょうどオリーブ栽培もすることもない時期なので、ぶどうの丘を再訪。前回は試飲が日帰りで出来ませんでしたが、今回は宿泊して試飲することに。受付で1,100円を支払い、タートヴァンという写真のような試飲用のお皿を受け取って、地下のワインカーヴに入ると、甲州産の赤白ロゼが200種以上のワインボトルが保管してあり、すべて試飲用のボトルが用意されています。

これだけ種類があって、各ワインにぶどう品種と簡単な解説もあるので、少量で飲み比べていると、なんとなく自分の好みが分かってきます。赤はカベルネが入っているフルボディがいいなぁとか、この蔵元は好みだな、とか。オリーブオイルでもそうですが、同じ品種でも作り手によって味が全然ちがいますね。

吐き出し用の壺もあり、最初は飲みすぎないように注意していましたが、好みのワインが分かってくると、試飲を超えて同じものを飲んでしまったり…。結果、じっくりとワインの勉強をしました。その後、食事は同じ敷地の展望レストランで、南アルプスの夕焼け甲府盆地の夜景を見ながら。普段近くて見えない南アルプスの夕焼けは貴重です。

翌朝は予約しておいたワイナリーくらむぼんを見学。畑からセラー、資料室とテイスティングで500円(ワインを購入すると返金)というコース。自然栽培している自社ぶどう畑を見せてもらえて、オリーブでも参考になりそうでした。売店が入ってい母屋が築130年なのにとても良く手入れされていて美しい。私は運転でテイスティング出来ませんでしたが、とても美味しいとのことで1本お持ち帰り。うちのオリーブ畑でも、いつかこんな見学コースを作りたい、という点でも勉強になりました。

山梨には多くのワイナリーがあります。せっかく山梨に移住しているので、これからは時間を見つけて巡ってみよう。


関連記事