2017-09-10

オリーブ苗の植付施肥

昨日から、バックホーで掘ってもらった1メートル四方、

深さ50cmの植付穴に施肥をしました。

 

基本的には小豆島方式に従い、

1本あたり堆肥20kg、苦土石灰2kg。

オリジナルで抜根を燃やした草木灰を4kg。

堆肥は山積みで搬入してもらったので、山積みから

各穴まで一輪車で運びます。

そこに、苦土石灰、草木灰を投入して、

三本鋤で撹拌します。

その後、バックホーで土とまぜながら埋め戻し。

これを植付予定の5×21列=105本やりました

 

日中30度まで上がったので、汗だくの灰まみれ。

自分でも驚くくらいの水を飲みながら、

なんとか人力の施肥は完了。あとは

バックホーでの埋め戻しと、トラクター整地。

それが終わったら、いよいよ植付け!

ではなく、

肥料と土が馴染むのを1週間待ちます。

 

昨日、今日はかなりのハードワークで

手の皮が剥け、腰はメキメキいたんでますが、

ここが最大の山場だったので、ひと安心。

植付までは、すこしゆっくりします。

 

 

 


タグ:
関連記事