2018-04-30

オリーブ畑の虫たち ヨコヅナサシガメ

【むし注意】

 

 

 

植付けが終わったので、畑の栽培管理に戻る。オリーブの木を1本1本みていると、黒い虫が。はやくもオリーブアナアキゾウムシか!とヒヤリとしたが、どうも違う。よくみるとぜんぜん違う。こいつ。

裏側がこちら

 

ヨコヅナサシガメというカメムシらしい。虫は嫌いだが、白黒の縞模様と派手な赤色が格好いい。これが横綱のまわしに例えられての命名らしい。毛虫、芋虫が主食らしいので、オリーブにとっては益虫というところだろうか。

しかし、だいぶ暖かいのにゾウムシどころか、ハマキムシ幼虫もいない。どうしたんだろう、来て欲しくはないけど、来るはずの奴がこないと、それはそれで心配。ちなみにゾウムシは、山梨では本物どころか被害もみたことがないので、少なくとも幼木の間は来ないのではないだろうか。成木が増えれば来ると思います。ハマキムシは去年もいたので、来るはず。対策として、国内のオリーブ園が実施しているある方法を試そうと思って準備中。

ヘアリーベッチがたくさん開花で、ミツバチがたくさん来てくれています。蜂蜜とりたいな~

 


タグ:
関連記事