2017-12-30

オリーブ樹高測定17年12月

植付けから3年間は成長記録として、植付け時と半期ごとに樹高を測定しようと思います。植付け方法、水やり、施肥などの栽培管理の違いで成長に差が出るのか確認するためです。4年目以降は成木として1年に1回の測定予定。で年の瀬の本日、測定して植付け時との差を見てみようしましたが…結論、今回は明確な差異を確認できず。

理由は

1.前回は葉先までの樹高でしたが、今回は葉を含まない穂先にしたこと。

2.草刈りをしながら、株元に少し盛り土をしたこと。

上記2点から樹高が前回より短くなった木が出ているため。もともと秋植えで成長できる時間が少なかったので、次回以降で成長が見られると思います。(次回は6月末予定)

 

今日は八ヶ岳もスッキリ山頂を見せてくれました。最近の寒波で八ヶ岳に雲がかかることが多く、その日は「八ヶ岳おろし」も強く吹きます。今のところ最大瞬間風速10m/sくらい。台風よりは弱いですが、頻度は多く、冷たい風のため注意が必要と思っています。枝葉のすくない幼木なら大丈夫そうですが、成長して風をうける枝葉が多くなる前に支柱を強化しようと思います。ちなみに「八ヶ岳おろし」が吹くと一気に寒さを感じます。外の作業は防風対策の服装でも辛いです。逆に吹かなければ、暖かく、アンダーウェアと薄いウインドブレーカー1枚で十分です。

 

年初には想像もしてませんでしたが、思いがけず渋谷のビジネスマンから、南アルプスのオリーブ農家(見習)になりました。いろいろ不安はありますが、やりたいことをやれて幸せな年だったと思います。皆様も良い年をお迎えください。

 


関連記事