2019-02-26

揚げない揚げ物のかりかりパン粉

簡単&ヘルシーで美味しい! 

オリーブオイルとパン粉だけ 特別な調理家電もいらない、おうちでできる揚げない揚げ物

揚げ物が大好き!  でも家で揚げ物は大変だから、いつもスーパーやコンビニのお惣菜や外食時に揚げ物を食べるという方は多いのではと思います。私もそうでした。

プロが揚げた揚げ物って美味しいですしね…^^ でも、もっと気軽にヘルシーに、自分の食べたい食材で 、しかもエクストラバージンオリーブオイルで揚げた物が食べたい!と思うようになり

→そんなもんないわ! (いやどこかにあるかもしれないけれど間違いなく高級)

→じゃあ作ろう となってできたレシピです。

かりかりパン粉は冷凍保存できますので、作り置きできます。 様々な食材でお楽しみください。

<揚げない揚げ物のための衣、かりかりパン粉の作り方>

材料:パン粉 30g に対し エクストラバージンオリーブオイル大さじ1 
フライパンを使用します。

かりかりパン粉の材料
材料

冷凍保存できますので、フライパンの大きさに合わせてパン粉30gの倍数で一度に作ると便利です。

(我が家は90gか120gで作ることが多いです。パン粉はいつも、地元の大好きなパン屋さんベーカリールーブルさんのパン粉を使用しています)

①フライパンにパン粉とオリーブオイルを入れ、木べらなどで混ぜながら中火で炒り始めます。

炒る前のパン粉

フライパンを加熱してからパン粉を投入すると、炒りあがるのが早くなってパン粉が焦げやすくなりますのでご注意ください。

②始めはもったりしていたパン粉が、徐々に色づいてサラサラ感が出てきます。焦がさないように火を少し弱めて、きつね色になるまで混ぜながら炒ってできあがり。

できあがり

<”つなぎ”も、食べるときのソースも不要!かりかりパン粉を使った揚げないやわらか鶏むね肉のフライ(和風)

材料:鶏むね肉 醤油麹 かりかりパン粉

①鶏むね肉の皮を取り除き適当なサイズに切り、醤油麹をもみこんで30分~一晩冷蔵庫で寝かせます。

醤油麹の量はお肉150gに大して小さじ2程度です。お好みに合わせて調整してみてください。

お肉の厚みを1㎝~1.5cm程度で統一すると、一度にまとめて焼くときに焼き上がりにムラがありませんのでおすすめです。

②バットにパン粉を広げ、①のお肉にパン粉をまぶします

 ポイント:お肉の醤油麹を拭わない(つなぎ代わり)

つなぎがないのでパン粉が薄くしかつきませんが、それもポイントです。無理にパン粉を乗せたりすると、そこだけパン粉が焦げます。

パン粉をつける前

③グリルやオーブンの余熱なしで15分程度焼く

 機種やお肉の厚み、室内の気温にもよりますが我が家では余熱なしグリル(おおよそ240℃)で15分程度です。

 焼き上がり後の余熱でパン粉が焦げることもあるので、少なめの時間設定で仕上がりの様子をみてから、焼き時間を追加してください。

焼く前


出来上がり

冷めても美味しいので、お弁当のおかずやサンドイッチにもおすすめです。

<いろいろな味つけで>

  • 醤油麹を白ワインに置き換え、同じように一晩寝かせてから
  • パン粉にカレー粉と塩胡椒を混ぜたものをまぶしてカレー味
  • パン粉にハーブソルトを混ぜたもので洋風 と、いろいろできます。
  • 豚ヒレカツや、お魚など様々な食材でお楽しみください!

タグ:
関連記事